「仮想通貨」との向き合い方が備わっていれば損をすることも避けられるはずです。「投機」なのか「長期保有」なのか、そしてどのように価値が上がっていくのかなどを考えるだけできっと今後の仮想通貨の扱い方が変わります。sacrifice.jpでは初心者にも分かりやすく徹底解説致します。

クリプト君

仮想通貨って使えるの?

カレンちゃん

ドッグフードも買えるよ~!

 仮想通貨はギャンブル?

はっきり言うと、ギャンブルという認識で間違っていません。
日々仮想通貨の価値が大幅に上がったり下がったりしているのは皆さんのイメージにもあると思います。
では「円やドルは?」というと…実は毎日少しだけ上がったり下がったりしています。
でもコンビニのおにぎりの値段が毎日変わるってことはありませんよね?
それはなぜか、”円”というのは日本国の通貨であり、日本銀行が発行しているからなんですね。
もっと言うと、物価や地価を、国や中央銀行が保証してくれているんですね。

では仮想通貨は誰が保証しているの?

不安に思うかもしれませんが、仮想通貨というのは銀行もなければ国のモノでもありません。
仮想通貨は”持っている人たち皆”が価値を保証しているんです。

*現在日本での正式名称は「暗号資産」となっております。(令和2年に仮想通貨→暗号資産と金融庁が呼称を変更しました。)

  • 仮想通貨はギャンブルという認識は間違いではない。
  • 仮想通貨の価値は”持っている人たち”が保証している。
  • 仮想通貨は”暗号資産”と呼ぶ(暗号通貨、クリプト、Crypto currencyとも言われる)

 仮想通貨って必要ですか?

今のところまだまだ必要ではありません。

それでも世界中でいろいろな決済に使われています。

例えば、身近なところで言えば…
(米国)スタバやケンタッキー、バーガーキング、(日本)ビックカメラやソフマップなど
また最近では、トヨタが試験的に仮想通貨の使用を取り入れ始めたり、不動産でも使われ始めました。

またエンタメ業界ではF1やアーティストのライブなど、またカンボジアへの寄付金を仮想通貨で支払うなど実用性が高まっています。
中米エルサルバトルでは法定通貨としてビットコインを採用していたり、

新ニューヨーク市長は給与の受け取りをビットコインにすると発表して話題となりました。

 なぜ仮想通貨が使われていたり持つ人が増えているの?

時代の”トレンド”であり”便利”だから。

時代のトレンド?と思うかもしれませんが、まさに”流行っているから”なんですね。

通貨というものは信用の上で成り立ち、流通していく性質を持っています。
例えば、皆さんが日本円を安心して持っていられるのは、「まさか日本が潰れる訳がない」と大衆が信頼しているからなんです。
そして不況になった時、日本の企業の株価が下がったとしても、日本銀行が株を買うことで株価を維持しようとします。
そうすることで”円”の価値を保っているわけです。

同じように「仮想通貨良いね!」という風に仮想通貨への信用が近年高まってきている影響仮想通貨市場全体の価値が上がり、流通が増えるようになった、という訳なんです。

「結局流行りもの何でしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、それはまだまだ分かりません。
もしかしたら日本円よりも使いやすくビジネス向けかもしれませんし、使い方によっては必要ないかもしれません。
ですが今のところ日本円の方が信頼されているのは間違いないです。

また仮想通貨は全世界共通の価値を持ちますし、デジタル通貨ですから地球の裏側への送金も一瞬です。
そういった利便性やグローバルな面も含め”トレンド”となっているわけです。

例えば、日本円をドルに替えたいときどうしますか?
ちゃんと説明出来ない人がほとんどだと思います。
ですが仮想通貨なら恐らく10分かからないでしょう。

  *クリプト君とカレンちゃんが解説

クリプト君

仮想通貨ってもしかしたら今後は当たり前に使われていくのかな?

カレンちゃん

まだまだこれからだとは思うけど、知ってないのは良くないね!

著者:Bruno  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。