「仮想通貨」をどう扱うか。そもそもどんなコインがあるの?そしてそのコインを使うのか増やしたいのか扱い方は様々です。もしあなたが今後仮想通貨を持つのであれば扱い方への理解が必要です。sacrifice.jpでは初心者にも分かりやすく徹底解説致します。

クリプト君

ピザが400億円!?

カレンちゃん

ビットコインはあのイーロン・マスクも注目しているんだよ!

 買うべき?買わないべき!?

ズバリ…儲けたいなら買うべき。

仮想通貨の市場は上がり下がりが激しいです。それに新しいトークン(仮想通貨の銘柄)も沢山出てきています。
トークンにはそれぞれ特性があるのでそれを把握する必要があったり、前提条件として英語を日本語に訳す必要があったりと中々やる事が多い気がします。

ですので、”時間が無い”、”人に任せる”など自走力のない方にはあまりお勧めできません。
ただ、1から勉強して根気強く向き合える人なら失敗する可能性は低いでしょう。

  • 儲けたいなら買うべき!
  • 自走力のない人にはお勧めできない
  • 根気強く向き合える人なら失敗する可能性は低い!

 まずはコインの種類を知る

仮想通貨を始めるときまず最初に買うのは”ビットコイン”や”イーサリアム”と言ったコインになるでしょう。
「主要コイン」と呼ばれるものです。

それからアルトコインミームコインシット(草)コインを買いに行くのがほとんどです。
これはコインの特性などでカテゴリー分類した大衆的な呼び方です。決してコインの名前ではなくカテゴリー名みたいなものです。
まずはなんとなくで大丈夫ですので把握しておくことが大切です。(仮想通貨に詳しくなると次第に覚えていく)

そして「仮想通貨を買う」という表現はあながち間違いではありませんが、正確には「exchange」に近いニュアンスです。
exchange=両替

例えば、「日本円でビットコインを買う」のではなく、「日本円をビットコインに替える」というイメージです。

そしてそのビットコインをアルトコインやミームコインなど色々なトークンに変えていく感じです。

 「買う前に」何を買うか調べる

仮想通貨には沢山の種類があります。
例えば、モバイルアプリゲームの仮想通貨SNSの仮想通貨ストレージサービスの仮想通貨や、株式を購入出来る仮想通貨メタバースの仮想通貨など、多ジャンルに渡り仮想通貨が存在します。

まずは興味のあるトークンを見つけそれを徹底的に調べる必要があります。
調べ方としてはそのトークンのホームページに行き”ホワイトペーパー”(仮想通貨を開発・発行する際にどのような目的・技術なのかを解説した書類)を読む。
そのトークンの公式ツイッターやCEOのTwitterを調べる
公式Telegramや公式オープンチャット(LINE)を調べてみましょう。
またトークンをTwitter検索で調べて情報収集をする必要があります。

なぜここまでするのか?
それは仮想通貨詐欺に引っかからないようにするという目的もありますが、もっと気を付けなければならないのは、その自分が興味を持ったプロジェクトが”途中で頓挫しないかどうか”です。
どれだけ魅力的なプロジェクトでも途中で頓挫してしまう事は少なくありません。
ですのでとても慎重になって調べる必要があります。

 自分は稼ぎたいのか?使いたいのか?

仮想通貨といえど色々あるわけですが、あなたはなぜその仮想通貨を必要としているのか?
そこがすごく大切なポイントです。

例えばゲームアプリを通して仮想通貨を使ってゲームを進めたり、あるいは強い武器を売ることでその仮想通貨を増やしてみたり
また単純に流行りそうな仮想通貨だから安いときに買っておいて高くなったら売って利益を出したいのか
など、目的によって扱い方がそれぞれ変わってきます。

きっと大半の人が”安く買って高く売って儲けたい”という目的で仮想通貨を始めます。
実際に私はある会社の株が欲しくて調べたところ、その会社は株ではなく仮想通貨を持っていたのでそのトークンを買ったという場面もありました。

 *クリプト君とカレンちゃんが解説

クリプト君

自分で調べないと不安だもんね!

カレンちゃん

周りの意見を鵜吞みにするのは良くないね!

著者:Bruno  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。